ファルケの言いたい放題!

アクセスカウンタ

zoom RSS 彦根東の活躍を見て

<<   作成日時 : 2017/08/16 18:16   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

たいしたものだと感動したけど、一方で「文武両道なんてありえない」と発言した野球部の監督もいたとかで、なんなんでしょうね。

だいたい「ありえない」なんて決めつけた言い方自体に知性の欠如を感じてしまう。こういうフレーズを連発する奴らは実際バカが多いけど、それはともかく、なんですか? 下関国際高校の坂原秀尚という人ですが。

インタビュー読むと、何かにつけて「進学校さんは」とか「(対戦相手の)三本松さんは進学校ですか?」と言ってるから、いわゆる進学校に対して対抗意識を燃やす人物であるのは確かですね。

東亜大で教員免許取得とかプロフィールで紹介されていたから、たいして勉強ができなかったのは確かなのだろう。

対して彦根東は、京大・阪大・名古屋大・金沢大等々に例年2ケタの進学者を出していて、膳所と並ぶ滋賀屈指の進学校であることは確かですね。そういえば大学のときの指導教官も彦根東のご出身でした。

この彦根東高校、彦根藩の藩校に由来するのだが、彦根城のお堀のすぐ目の前にあって、いかにも藩校といういい雰囲気のところにある。湖北・湖東で頭のいい子はふつうここへ行く。進学先に名大や金沢大、岐阜大が多いのは、滋賀県でも彦根だと北陸・東海地方が近くなってくるためだ。

その彦根東の野球部員たちが、やっぱり青森山田なんかに比べると「下手だなあ」というプレーだったのだが、それでも9回裏まであきらめずに必死で喰らいついていった姿はなかなか感動的でした。負けたけど、まさしく「文武両道」で、すばらしい野球だったと思いましたけどね。

対戦チームの青森山田は、どういう高校かよく知りませんけど、ここの選手たちはみんなプロを目指してるんでしょうか。彦根東とはまた違った意味で、すごい気迫を感じましたが。

調べると、プロのスポーツ選手が大勢出てる。福原愛もここの出身なんですねえ。プロ野球選手にも何人もなっている。今夏甲子園に出たナインにもプロを目指している子はいるんでしょうね。

勉強もちゃんとしてるのかどうかは知らんけど、彦根東のような公立校とは違った頑張り方をしているのだろう。「文武両道」といっても幅があるわけで、何も東大と甲子園を同時にめざせと言ってるわけじゃない。「ありえない」と鼻から決めつける物言いは、やっぱりアホだなと思ってしまいますね。

確かに、進学校が甲子園に出たりするとチヤホヤされてしまう。最近では京大出身でプロ入りした田中英佑が騒がれたけど、世間てそういうもんですよね。勉強とスポーツ同時に極めるというのは大変で、すごいことだから。

勉強できない奴はそれ以外の分野で頑張ればいいのだろうけど、その代わり相当がんばらないとダメですよね。でもそれは「スポーツが全然ダメ」でも同じで、それならスポーツ以外の分野(たとえば勉強)で、やはり相当がんばらないといけない。

進学校もそんなに甘くないですよ。そこらへんこの坂原とか言う人はわかってないと思う。

進学校で成績が悪いと本当にみじめだ。自分だけ取り残されてる気分になる。先生も同級生も誰も相手にしてくれないという錯覚に陥ってしまう。

プロを目指してスポーツ進学校に入っても、結局プロをあきらめるのも同じだろう。だからこそ「文武両道」ってすごいんだよな。ほとんどの人はどちらか一方しかできないから。

下関国際高校、いわゆるモンキー高校なんだろうし、そこのトンデモ野球部を長年引っ張ってきたという思いもあるんだろうけど、この人の「ありえない」発言は、進学校に対するやっかみと中傷にすぎなかったと思いますね。底辺校なんだなあ、という感じで、下関国際にとっては恥さらしになったという気さえする。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
彦根東の活躍を見て ファルケの言いたい放題!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる