ファルケの言いたい放題!

アクセスカウンタ

zoom RSS 安倍総理が大学を無償化すると言ってるそうだが

<<   作成日時 : 2017/08/19 19:15   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

いよいよこの人もトチ狂ったなと(もう狂ってるか)。憲法改正に高等教育の無償化を盛り込んで維新を取り込む狙いがあるというが、安倍政権の「国家社会主義化」が始まったという気がする。

反対論については、たとえば岸博幸の「安倍政権の『出世払い型教育国債』は低レベル大学を延命させる」(ダイヤモンド・オンラインhttp://diamond.jp/articles/-/139066)が書いているが、だいたいここらへんに集約されるだろう。要は、@日本の大学は低レベルなところが多い、A財源がない、というのが理由だ。

「出世払い」だから、全額免除ではなく、成績優秀者は授業料の一部の支払いでOKにする、というものらしい。誰でも大学にタダで行ける、というわけではないようで、それを「大学無償化」というのか? なんとも中途半端な「改憲案」だと思いますね。

それよりも気になったのが、このなんとなく「若者受け狙い」の政策。安倍政権、というか安倍総理は、やっぱり若者、若年層を結構意識してるんだなあ、と思いますね。

際川隆雄氏が引用していた、読売新聞と早大の共同世論調査(「『石破総理』誕生の可能性は、歴史をみれば極めて小さいことがわかる」現代ビジネスhttp://gendai.ismedia.jp/articles/-/52627)によると、その調査結果として「(3)若年世代の政党観は自民党と日本維新の会を『リベラル』、民進、公明、共産党を『保守』と見なし、『改革志向』によって判断している」のだとか。

早い話、若者は保守化したのではなく、相変わらず「改革志向」なのだが、今の若者から見ると、民進党はむしろ保守的で、自民党の方が革新的に見える、ということらしい。

左翼や中道左派政党が若者からするとむしろ保守的に見える、というのは、たとえばフランスの五月革命なんかそうですよね。左翼政党が政権をとったり既存の保守政党が中道化すると、若者は体制化した左翼に幻滅する。それで過激化したり逆に右旋回したりするわけです。

改革的な傾向は右翼勢力の中にもあって、民族社会主義とか新保守主義とか掲げる連中がそう。左翼と右翼をごちゃまぜにしたようなネーミングで、やろうとする政策もまちまちだが、とにかく既存の政治・社会・経済体制を何らかの形で否定することと、タカ派的な外交政策を掲げる点では共通している。

自民党は分類上は歴然たる「保守政党」だが、小泉政権の頃ぐらいから「改革」を同時に掲げるようになってきて、20代の支持を一定程度確保するようになっている。その傾向が第3次安倍政権に至るまで続いているということなんですな。この間の内閣改造でも、安倍さんは「さらなる改革を前進させていきたい」とかなんとか語ってましたね。

改めて、「若者ってやっぱり改革志向というか、もっと言えば左翼なんだな」と思いましたねえ。巨悪・中国に立ち向かう安倍晋三がヒーローに見えているのだろう。そして小うるさい女教頭みたいな(かつての)蓮舫民進は、学園ドラマに出てくる守旧派の代表なのだ。

そういう「右翼の中の左翼」が安倍政権なのだろう。今はまさしく「大きな政府」で大盤振る舞いだし、そこへ持ってきて4兆円ともいわれる「教育国債」である。この人の金銭感覚が鈍磨していることは確かですが。

実質的には、Fラン大学の(一部)国有化につながるのではないか。そんな気さえするのだが、それとも憲法改正を急ぐあまりに、また突然思いつきで言ってしまったのだろうか。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
安倍総理が大学を無償化すると言ってるそうだが ファルケの言いたい放題!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる