ファルケの言いたい放題!

アクセスカウンタ

zoom RSS スタジオジブリと宮崎駿

<<   作成日時 : 2011/09/06 21:07   >>

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

そういえばテレビで「コクリコ坂から」とか何とか、やたら言ってたような。そのときは意識がなくて何のことだか、ココリコの親戚みたいなものかと思ってたけど、スタジオジブリの最新作なんですね。監督は宮崎駿の息子の宮崎吾朗氏とか。

ねえ、この北朝鮮張りの世襲体制。ネット上にはすでに悪口がいっぱい書かれてるけど、私はてっきり宮崎吾朗という人も親譲りのアニメ好きで、父親の会社でアニメをつくってた人かと思っていたのだけど、元々造園か何かをやってた人なんですね(造園ってのもなんか気になるけど…)。

で、いきなり「ゲド戦記」で監督だとか。「コクリコ」で2作目か。よくほかのアニメーターは文句言わんよな…?

ゲドもココリコも見ていないので宮崎吾朗という人がアニメ作家としてどれほどの人物か知る由もないのだけど、おもしろいと思ったのがスタジオジブリの鈴木敏夫(プロデューサー?)の読売新聞のインタビュー記事で、なぜ宮崎吾朗氏をいきなり監督に抜擢したのかというところ。

一番の理由は「後継者問題」なのだとか。自分も宮崎駿も年取って、もう70とかになってきている。

しかしスタジオジブリは従業員もたくさん抱えているし、企業体として存続させなければならない。そこで宮崎駿の息子・吾朗氏に白羽の矢を立てたのだとか。

これねえ、マジで北朝鮮と同じ理屈ですね。皮肉でもなんでもなしに。

要は「天才」で「偉大」な宮崎駿のカリスマを存続させる必要があるわけだ。そのためには血統による継承が昔からポピュラーで、それによってジブリの支持者を維持しようとしてるんだな。

だいたい、この鈴木氏のインタビュー、読んでて違和感を感じたのが、やたらと宮崎駿を「天才」とか「偉大な」とか、個人崇拝してること。

ねえ、一応同じ会社の役員同士なわけでしょ? 他社の人を相手に「うちの社長は天才で」とか言う社員いますかね? こんな臆面もない自画自賛はそれこそ「わが敬愛する首領様は百戦百勝の天才将軍でして」と他国の記者相手にやってる北朝鮮くらいですよ。

こういうカリスマ依存体質だと結局一極集中になるから、指導者が「偉大」であるうちはうまくいったりもするが、いずれ限界が来て悲惨なことになる。

それを回避するために、北朝鮮は「世襲化」によるカリスマの再生産に踏み切ったわけで、それはそれで方法の一つではありますよ。それに日本でも、社会全体で世襲化の流れが強まってるしね。

それに庵野秀明が言うように、そもそもジブリ作品はコアなアニメファンにどれだけ受けているのかという気もするが、逆にいえば、ジブリはオタクなアニメファンを切り捨てて大衆化路線を歩んだわけだ。

ジブリというと、今や「サザエさん」とか「日本むかし話」みたいな教育的アニメ映画ばっかり作っているもんな。でもおかげでアニメファン以外にも受けるようになったというか。

私の両親でも、「千と千尋の神隠し」かな? 喜んでテレビで見てたように思う。
「このおばあさんの言ってることは大事だ」とか何とか言ってたような。この2人、日頃はアニメなんか歯牙にもかけないくせに、サザエさんだけは毎週欠かさず見てるもんな。

しかしサザエさん化のおかげで、もののけ姫なんて観客動員数1400万人とかいってるよね。千と千尋なんて2400万人! まさに「国民的アニメ」で、アニメの範疇を超えている。

これに比べれば90万・70万のナウシカ・ラピュタなんてかわいいもんやな。しょせんアニメファンの間で人気になっただけ。

アニメーターも有名になると固定的なファンがついて中には押井守みたいに神格化されるけど、それは基本的にごくせまい人間関係ですね。アニメ作家とファンとの個人的なつながりに近くて、組織を介してではない。

しかしアニメが宮崎アニメのように極端に大衆化してしまうと、アニメの制作会社も配給会社も(読売新聞のような広告媒体も)それに関わる組織として巨大化してしまって、個人を超えたシステムとして存続する必要が出てくるんだな。

鈴木さんはプロデューサー?って何する仕事かよく知らないけど、要はいろんな会社と折衝してお金を集める人でしょう。それだけに、集金=配給システムの存続の必要性を痛感しておられるんでしょうね。

しかし、アメリカのアニメなんかディズニーでももうとっくの昔にディズニーの絵のタッチとかアイデアを「ブランド化」して、同じノウハウでアニメーターたちが再生産するようになっている。創始者のデザイナーがはるか以前に死んでいるグッチとかディオールと一緒ですね。日本でも「ドラえもん」なんかそうかな?

アニメの基本の枠組みをブランド化して、あとは従業員で適当にアレンジして再生産する。こういう存続の仕方も手だと思いますけどね。ブランドの規格化なら会社組織にもなじむし。

しかしジブリだと、なにせ宮崎駿の「天才」におんぶしてるわけだから、その性質上、ブランド化して再生産、という方法は難しいのかもしれない。「天才」とは主として遺伝的資質によるものだから、どうしても世襲化の方になじんでしまうんだな。

どうして宮崎吾郎氏なのかという問いに、鈴木プロデューサーは正面から答えているようには思えないけど、結局こういうことなんでしょうね。まあ、おせっかいながら。



国2BD> ポニョはこうして生まれた。 ?宮崎駿の思考過程?
ザ・ショックプライス
※お取り寄せ 発送の目安:2日から7日前後 ■商品名 ポニョはこうして生まれた。 ?宮崎駿の思考過程

楽天市場 by 国2BD> ポニョはこうして生まれた。 ?宮崎駿の思考過程? の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

国5DVD> ポニョはこうして生まれた。 ?宮崎駿の思考過程?
ザ・ショックプライス
※お取り寄せ 発送の目安:2日から7日前後 ■商品名 ポニョはこうして生まれた。 ?宮崎駿の思考過程

楽天市場 by 国5DVD> ポニョはこうして生まれた。 ?宮崎駿の思考過程? の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

■10%OFF+送料無料★5枚組・三方背ケース仕様■宮崎駿 崖の上のポニョ DVD【ポニョはこうして生まれた。 ?宮崎駿の思考過程?】09/12/8発売【smtb-td】
アットマークジュエリーMusic
宮崎駿 崖の上のポニョ  5DVD(5枚組) 【ポニョはこうして生まれた。 ?宮崎駿の思考過程?】

楽天市場 by ■10%OFF+送料無料★5枚組・三方背ケース仕様■宮崎駿 崖の上のポニョ DVD【ポニョはこうして生まれた。 ?宮崎駿の思考過程?】09/12/8発売【smtb-td】 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
面白い

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
スタジオジブリと宮崎駿 ファルケの言いたい放題!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる