ファルケの言いたい放題!

アクセスカウンタ

zoom RSS 最近のウィンブルドンはつまらない

<<   作成日時 : 2018/07/08 18:04   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

この季節になるとこれ。たいしてテニスファンでもないのだけど、ときおり録画して見たりする。でもなんで録画なんかしなきゃならないのか。レコーダーが大変じゃないの。

それというのも、天下の「全英オープン・ウィンブルドンテニス」と言ったって、日本ではたいした視聴率が取れないからなのだろう。

明日7月9日には王者ロジャー・フェデラーの試合が深夜23時55分からあるけど、この日のゴールデンタイムは「鶴瓶の家族に乾杯」とか「有吉ゼミ」とかのバラエティー、そしてこれも限りなくバラエティー化しているサスペンスドラマ、あとはプロ野球とか。こういうたいして視聴率も取れていない定番のバラエティー・ドラマ・スポーツにウィンブルドンはまったく勝てないのだ。

大坂なおみとか錦織圭が出てても深夜放送は変わらない。日本人選手が出る試合ですら深夜の録画放送が多く、錦織の4回戦出場ぐらいでやっとライブ放送になる。錦織が負けたらほかの試合は深夜で、決勝戦だけ夜の10時から。これもここ何十年と変わってないんじゃないか。

昔はもっとウィンブルドンの選手たちが日本人にも身近だったけどな。それこそ古い話だけど、マッケンローとかレンドルとか、アガシとか、エドベリ、ナブラチロワ、グラフとか、日本でもおなじみの人気選手が結構いて、日本のCMにも出演したりしてたものだ。日本人選手でウィンブルドンで活躍なんてほとんどいなかったけど、それでも日本でも人気の大会でしたね。

それがサンプラスあたりから縁遠くなった。サービスエースでほとんど決まりで、あとは延々ストロークになるかのどちらかですよね。

背の高い選手がエースでゲームをキープして、1つか2つブレイクすればそれで勝ち。それも延々ストロークで相手が根負けするとブレイクできる、みたいな試合。つまんないですよね〜

たまに昔の大会の映像なんか出るけど、そこでの選手たちって縦横無尽にコートを走りまくってるもんな。サーブアンドボレーか。とにかくあれでハラハラドキドキで、とんでもないところにボールが飛んで行ったりして、マッケンローがラケットを地面にたたきつける、てなシーンがよくありましたね。

それが今はエースで1秒で終わりか、それか何十分もストローク。コートのギリギリ狙ってジョコビッチなんか確かにすごいと思うけど、でもそればっかり。「線の上にわずかにかかってる〜」なんてアナウンサーの実況もいいかげん聞き飽きましたよ。

サンプラスとかフェデラーもすごい選手だとは思うけど、見てて楽しくない。ワンパターンで飽きが来る。昔の森西武がつまんなかったように。

ベスト16も毎度の方々。フェデラー・ジョコビッチ・マレー・ナダルの4人で四大タイトルをグルグル回してるみたいな印象がある。4人ともすごいとは思うしたいしたもんだなあ〜と見てきたけど、これが何年も続くとさすがに飽きますやね。女子もウィリアムズ姉妹ばっかりでうんざりだったし。ここらですごい新人が出ませんかね。

大坂なおみもなんなんでしょうね。3回戦敗退でまあ残念ね、だけど、まるっきり黒人じゃないの。日本語もろくにしゃべれないし。日本育ちの日本語ペラペラなら外見はさして気にならないが、カタコト日本語で名前だけ「大坂なおみ」じゃなんか興ざめなんですよね。

あとNHKのテニス解説陣の貧弱さ。「誰あんた?」みたいな知らん奴ばっかり連れてくる。その世界じゃ有名人なのか知らないけど、一般視聴者にはまるでピンと来ない。なんで沢松奈生子とか杉山愛とか連れてこないんでしょう? 松岡修造はハイテンションが収拾つかないのでNHKに嫌われてるんだろうけど。

そんな世間的には無名の元テニス選手とかが出てきて「今のは良かったですね」とか言ったって、素人でもわかるわい、と思う。見たらスマッシュ決まってるやん、だから点入ったんやろ、誰でもわかるわ、ですよ。

とにかく、つまんないですね。最近のウィンブルドン。それで誰かが優勝すると恒例行事だから「今年の芝の王者は…」とお決まりのフレーズでNHKのバカアナが満面笑顔で読み上げる。超ワンパターンで救いがないですよね。

それでもウィンブルドンに熱狂する人たちが毎年いるみたいで、なんだか不思議に思えますよ。ありがたいことだね、ファンの皆様は。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
最近のウィンブルドンはつまらない ファルケの言いたい放題!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる